BLOG

Windowsアップデート後の不具合について

Windowsアップデート後の不具合について

こんにちは、もなです。

最近よくお問い合わせのある、Windowsアップデート後に発生する不具合と対処法をお知らせします。

3月10日頃にあったWindowsアップデートの影響で、下記のような不具合が発生しています。

1.パソコンから印刷するとブルースクリーンになる。
2.印刷した画像が白抜けしてしまう。
3.共有フォルダにあるエクセルやワードのファイルが開かない。

Windowsアップデート後の不具合について

対処法


3月18日頃にマイクロソフトからリリースされた対策パッチの適用
※「Microsoft Update カタログ」からダウンロードできます。ご利用のOSのバージョンに合わせたものをご確認ください。

Windows 10 version 20H2:KB5001649

Windows 10 version 2004:KB5001649

Windows 10 version 1909:KB5001648

Windows 10 version 1809:KB5001638

Windows 10 version 1803:KB5001634

Windows 8.1:KB5001640

Windows Server 2019:KB5001638

※OSのバージョンを確認する方法
キーボードのWindowsキーを押しながらRキーを押し、「ファイル名を指定して実行」の画面で「winver」と入力します。

Windowsアップデート後の不具合について

対策パッチの適用方法


1.Microsoft Update カタログのページを開きます。

2.ご利用のOSのバージョンに合わせたプログラムを検索し、ご利用のパソコンに合わせたプログラムをダウンロードします。

(例)Windows10 バージョン 1909

32bit版の場合→「2021-03 x86 ベース システム用 Windows 10 Version 1909 の累積更新プログラム (KB5001648)」

64bit版の場合→「2021-03 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1909 の累積更新プログラム (KB5001648)」

3.ダウンロードをクリックして開いたウィンドウで順番にすすめます。
※Microsoft Edgeを使用した場合の画面表示です。

Windowsアップデート後の不具合について

4.インストールの完了画面になったら「今すぐ再起動」をクリックして対策パッチを適用させます。

Windowsアップデート後の不具合について

今までもWindowsアップデートをおこなうとスキャンができなくなったり、共有フォルダが見られなくなるなどの不具合はありましたが、今回の件はかなり問い合わせがありました。

もし同じような不具合が発生している場合は試してみてください。

広報やデザインにお困りの方はこちら

Chroco Designに相談する

バナー

ホームページ制作/グラフィックデザイン制作
ブランディング/マーケティング/オフィスデザイン

詳しい事業内容はこちら

兵庫のモノづくりを応援しています。

兵庫県ものづくりポータルサイト
Chro Connect

シェア

ブログ一覧に戻る

contact

オフィスデザイン・設計・内装、ホームページ制作、ロゴ制作など

PAGE TOP