BLOG

デスクワークによる日頃の肩こりや腰痛を軽減!

デスクワークによる日頃の肩こりや腰痛を軽減!

日頃から長時間デスクワークでパソコンを使用しているため、肩こりや腰痛などの悩みを抱えていませんか?



パソコンを操作しているときは、長時間前かがみの姿勢になりがちで、首の後ろの頭半棘筋(とうはんきょくきん)や頭板状筋(とうばんじょうきん)などに大きな負担がかかってしまいます。
更に、マウスの使用位置や形状が不適切だと、クリックするだけでも必要以上の筋力を使います。
また、キー入力中に肩が持ち上がっていると首の筋負担を増大させてしまいます。
このように気がつきにくいちょっとした原因から、肩こりや腰痛が発生してしまいます。


見えない負担を軽減し、社内でベストパフォーマンスを発揮できるよう、ちょっとしたパソコン配置の工夫を今回はご紹介させていただきます!



●椅子の高さ

足の裏が床に着く高さで、足首、ひざ、股関節が90度になる事が望ましいです。
この位置を楽に保てる椅子の高さを調節してください。
高さを調節できない椅子の場合は、足の下に小さな台などを置くと快適になります。



●机の高さとキーボードの位置

椅子には背筋を伸ばして座る事が望ましいです。
リラックスして力を抜き、肘を90度曲げた位置に机の高さがくるように、椅子の高さや机の高さを調整します。
また、キーボードは「H」キーと「J」キーがディスプレイの中央にくるように配置すると自然な動きでかつ最小限の負担で操作できます。



●ディスプレイの位置と高さ

ディスプレイは、上端が目の高さと同じになるか少し低めになるような高さにしてください。
見上げる視線だと、目が乾きやすくなってしまうので、目線が少し低くなるように設定します。
また、視点の移動がなるべく少なくなるように、目から50センチ程度離して配置するのが目安です。



以上3つの配置工夫を今回ご紹介させていただきました。
もしかすると、こういったところに原因が隠れているかもしれません。
日頃腰痛や、肩こりなどでお悩みの方は、この機会にデスク上の配置を見直してみてはいかがでしょうか。

ブログ一覧に戻る

contact

オフィスデザイン・設計・内装、ホームページ制作、ロゴ制作など

PAGE TOP