iPhone Camera AtoZ

AtoZ #2 機嫌の”撮り”方

AtoZ #2 機嫌の”撮り”方

皆さんこんにちは、社会人2年目のDです。

広報活動の一環として日常をブログやSNSに投稿するのが当たり前になり、"映える"写真が要求されるようになってきたと思います。
皆さんは人の写真は上手く撮れますか?
同僚や友達ならまだいいのですが、目上の人を撮るときは大変です。綺麗に撮れるように気をつかっちゃいますよね。
イケメンに、美人に撮られて怒る人なんていません。社会人2年目の僕が上司の機嫌の"撮り"方をお教えします!

AtoZ #2 機嫌の”撮り”方

求められるシーンで動きを"撮る"



コーヒーを淹れるとき


弊社のように社長がコーヒーを振舞うパターンは稀ですが、上司がインスタ用にアクションを起こすタイミングで率先して動き、上司に気が利くな!と思わせるカメラマンを目指しましょう(笑
勿論フットワークだけではなく、日常の一ページを美しく切り"撮れ"るようになりましょう。(僕はまだまだですが)
今回は卓上なので、ハイアングルになりすぎないよう広角モードを使い、スマホを逆向きに持って撮影しています。


スマホ:iPhone12Pro
撮影時刻:PM2:40
カメラアプリ:iPhone標準カメラ
使用フィルター:ドラマチック
写真(標準アプリ)調整:露出9 コントラスト-27 明るさ-29 彩度17 自然な彩度39 暖かみ7 色合い-4 シャープネス20 ノイズ35
倍率:0.5倍(広角モード)
場所:クロコデザイン事務所
光源:事務所内LED照明(電球色)

AtoZ #2 機嫌の”撮り”方

車内で人を"撮る"



車内の撮り方


横を見れば運転している先輩、何気ない日常のワンシーン。
でも助手席から撮影すると車の内装や服、時計など被写体を象徴するアイテムが写ります。
キャラクター性と魅力をSNSで伝えるチャンスです。是非撮影しましょう!

また日中の車内は基本的に明るいので、エモい写真が簡単に撮影できます。
黒の内装は冷たいフィルター、茶色やベージュの内装は暖かいフィルターをかけると柔らかい印象になりますよ!


スマホ:iPhone12Pro
撮影時刻:PM0:30
天候:曇り
カメラアプリ:iPhone標準カメラ
使用フィルター:ビビッド(冷たい)
写真(標準アプリ):シャドウ-30 コントラスト15 明るさ-10 ブラックポイント-20
倍率:等倍
場所:車内
光源:自然光

最後に


僕は今回初めてスマホを使って本気で人を撮影しました。
人間を撮るのって難しいですね。弊社の社長は絵になるタイプなので楽に撮れると思っていましたが、僕の経験値がなさ過ぎてめちゃくちゃ苦戦してしまいました。でも撮る度に発見があるので勉強になりますね!
これからは社長だけでなくクロコのスタッフが登場するかもしれません。お楽しみに!!
では、皆さんもよい写真を~

シェア

AtoZ 一覧に戻る

contact

オフィスデザイン・設計・内装、ホームページ制作、ロゴ制作など

PAGE TOP