BLOG

古畑任三郎に見る「食」~犯人編~

古畑任三郎に見る「食」~犯人編~

え~ど~もぉ~…またお会いいたしましたね……ク~ロォコォ~デザインスタッフのォ~…イケです。
え~今回またしても、あの「ドラマ」について考えましたぁ。
「またか」と思っているそこのアナタ……その気持ち、んふふふ~…お察しいたします……
まぁまずはこちらの事件をご覧になるとより楽しめるかと思います……

例の妙な芝居はこのくらいにして……
今回は僕の好きなドラマ「古畑任三郎」の特集第2段です!
かつてフジテレビの大人気ドラマとして君臨していた、三谷幸喜氏脚本によるサスペンスドラマ「古畑任三郎シリーズ」。
警察モノのドラマとしては特殊な、犯人が事前にわかっている「倒叙ミステリー」もので、田村正和氏が演じる、全身黒ずくめの気難しい粘着質な警部補「古畑任三郎」が、犯人の前に現れては嫌味かつ巧みな話術で犯人を陥れる様が非常に痛快で、会話によるスリリングな駆け引きが魅力です。
それだけではありません。このドラマは主人公の古畑や犯人を問わず、頻繁に「食事シーン」が登場します。古畑は事件現場でハンバーガーをもしゃもしゃ食べながら捜査したり、クラブが事件現場になれば、犯人と目星をつけた人物と一緒に酒を呑んだりと、割とやりたい放題です。そんな中で、今回は古畑と対峙した「犯人達」が飲み食いしたモノで特徴的だったもの達をピックアップしたいと思います。

「お茶漬け」(第1期2話「動く死体」より)


歌舞伎役者の「六代目中村右近(演:堺正章)」が、自らが起こしたひき逃げを歌舞伎劇場の警備員「野崎(演:きたろう)」に目撃され、それに対する一切のことに口止め料を渡して黙らせていたのですが、後になり野崎が自首することを決意し、右近と口論に。
結果、右近が野崎を殺してしまい、死体の偽装に舞台装置の「スッポン(幽霊などの役になる際の神出鬼没な演出を再現する、床がせりあがる仕組みの装置)」を用いるお話です。
その中で右近は、野崎を殺害してから歌舞伎公演を行った後、わざわざ周囲にばれないように抜け出してコンビニに出向き、パックの白ご飯と「永谷園のお茶漬けの素」を買って戻り、お茶漬けを一杯作ってズルズル食べる妙な描写があるのです。


殺人を犯したあとになぜ右近はわざわざお茶漬けを食べたのか……?

この行為に最初は違和感を感じますが、最後の最後で役者の生き方の神髄を見ることができる、「味のある」お話です。

「3色のマッシュポテト」(第2期2話「笑わない女」より)


女子校に勤める、規律に非常に厳しい鉄の女「宇佐美ヨリエ(沢口靖子)」が、同僚の阿部を女子校内で殺害するのですが、「なぜ彼女が殺したのか?」という動機が焦点となる話です。
舞台となる「女子校」がこれまた厳格な校則があり、夕飯でさえも「あるもの」のみに固定されるという始末。

その「あるもの」というのが「3色のマッシュポテト」なのでした。
中身としては

・赤=ニンジンを混ぜたマッシュポテト
・緑=グリーンピースを混ぜたマッシュポテト
・黄=マッシュポテト(!)を混ぜたマッシュポテト


といったもので、特に黄色のマッシュポテトは、例えるなら「白米におかゆをかけたおかゆライス」とでもいうような鬼畜っぷり……」
お世辞にも旨そうには見えない代物で、見てる側も引くものでした。

二葉鳳翆の「栄養ドリンク」(第2期スペシャル「しばしのお別れ」より)


作中で古畑にアゴでこき使われすぎた結果、自律神経失調症を患ってしまった古畑の部下である今泉慎太郎(演:西村まさ彦)が、前述の病の治療と社会復帰のために通うフラワーアレンジメント学校の学長「二葉 鳳翆(ふたばほうよう 演:山口智子)」が、同じ二葉流の流派の師弟関係で、袂を分かった家元「二葉鳳水(ふたばほうすい 演:長内美那子)」による営業妨害(「師弟を超えた関係性」を鳳翆が断ったことが発端)に不快感を示し、自身のフラワーアレンジメントの発表会に呼び、その最中に毒殺するというトリッキーなお話です。

作中で事あるごとに鳳翆は「栄養ドリンク」を飲むシーンがあります。

勝気な彼女の古畑に対する挑戦的な振舞いは、演者である山口智子の持ち味を最大限に引き出しており、なおかつドリンクを飲むことで、弱さと苦労を隠す鳳翆のキャラ付けに一役買っているのがポイントであり、これもまた、お話に深く関わるものでした。

黒岩博士の「特製あたりめ」(第3期スペシャル「黒岩博士の恐怖」より)


遺体の肛門におみくじが詰められて発見されるという、なんとも不気味な「猟奇的連続殺人事件」と、その司法解剖に携わる監察医「黒岩健吾(演:緒形拳)」の関係性を追う、数あるエピソードの中でもホラー性・変質性が強い話です。

作中で黒岩が研究室で酒を嗜むシーンがあり、そこで自作の醤油ダレに漬け込んだ「あたりめ」を、石綿の金網とアルコールランプで焼きながら、ペトリ皿にマヨネーズを出して、ビーカーに入れた日本酒を片手に楽しむ…といった、いかにもマッドサイエンティスト的な姿が非常に印象的です。

タレに漬かってちょっと柔らかそうなあたりめは美味しそうですが、実験道具を食器代わりにするのは「それ使って飲食するのは大丈夫なのか……?」という衛生的不安の方がちょっと勝ってしまいます(笑)

このあたりめ以外にも、古畑一行が、ファミレスで飯を喰いながら捜査の結果をまとめるシーンが要所要所であったりします。
「食事シーンがよく出るドラマだなぁ」と実感するシーンです。

…ホントはまだまだ語りたいのですが、ここでいったん終了といたします泣

……最後に一つだけ。「古畑任三郎」は、この部分をしっかり見てほしい!という所があります。

それは、犯人が自供した後、警察に連行されるまでの間に古畑と交わす「数分間の会話」です。

「殺人」という行為に対し「どこが良くなかったor悪かった?」と犯人が古畑に問いかけ、そこに古畑が「もっとこうしていれば、完全犯罪ができたでしょうね……」と笑顔で答え、本音で談笑しているひとときは、異様ですがどこか友人の会話のように和気あいあいとしていて、心に来るものがあります。

誇り高き男性には敬意をもって、しとやかな女性には紳士的に。
古畑の人柄の良さが垣間見れるいいシーンです。

他にもまだまだ面白いエピソードはたくさんありますが、くわしくはDVDレンタル、あるいはフジテレビの公式VODである「FOD」でご覧になってください。

え~……ではまたどこかでお会いしましょう、ハイ……以上、イケでした……。

ミ☆―――――――――――――――――――――――――――――――――――
Shaping our thoughts - 見えない想いをカタチに -

オフィスに関することならクロダシステムズにおまかせください!
OA機器販売/オフィス家具販売/ホームページ制作/グラフィックデザイン制作
その他どんなことでもご相談ください。
お客様に寄り添い、最適なご提案をいたします。

詳しい事業内容は

☆こちら☆



株式会社クロダシステムズ
Chroco Design - クロコデザイン -

神戸市西区北別府5丁目15-2
Tel 078-915-7574
contact@sik-systems.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――☆ミ

シェア

ブログ一覧に戻る

contact

オフィスデザイン・設計・内装、ホームページ制作、ロゴ制作など

PAGE TOP