BLOG

縁の下の力持ち。

縁の下の力持ち。

こんにちは!
暖かくなってきましたねとブログに書いたのにまた急に寒くなって困りますね。


さてさて突然ですが皆さんは錯視ってご存じですか?
作詞でも策士でもないです。
錯視、目の錯覚です。
一番わかりやすい(作りやすい)錯視をトップの画像にしてみました。
前回の色の感覚の画像とは対照的で地味な見た目の画像ですが、この画像を注視しようとすると正方形と正方形の間がボンヤリと黒くかすみませんか?(※長時間集中して見つめすぎると気持ち悪くなる場合があるので注意してください)

実は人間の視覚は脳が様々な補正を効かせてくれるお陰で正しく見えています。
トップの画像は平面的な例ですが平衡感覚や奥行きなどの情報も実は脳がかなり補正しています。
隣の車が急に発進すると自分の車が徐々に下がっているような感覚になり驚いたことはありませんか?あれも錯覚の一つです。

縁の下の力持ち。

私は車にも乗らないし日常的に錯視を感じることなんてない!って思ってませんか?
実は皆さんも知らない間に錯視を起こしています。ですが違和感を感じないように誰かが調整しているんです。

たとえば日常的に新聞やテレビ、WEBなど様々な媒体で目にするフォントは上方距離過大の錯視を考慮して作られています。
画像のZ、B、Aを見てください。
どちらも上の方が短く小さいですよね?
Aの方も赤い長方形の横幅はどちらも同じサイズです。
つまりAの足部分は上になるにつれてほっそりしてるんです。


上下を均等にしてしまうと、錯視の影響で上部が大きく見えてしまいます。
それを防ぐために多くのフォントは錯視調整がされているんですよ!

皆さんも身の回りで大きく表示された文字を見つけたらじっくり観察してみてください。ただの文字ではなく実はとても丁寧に調整されていているすごい文化と技術の塊なんですよ。

ミ☆―――――――――――――――――――――――――――――――――――
Shaping our thoughts - 見えない想いをカタチに -

オフィスに関することならクロダシステムズにおまかせください!
OA機器販売/オフィス家具販売/ホームページ制作/グラフィックデザイン制作
その他どんなことでもご相談ください。
お客様に寄り添い、最適なご提案をいたします。

詳しい事業内容は
☆こちら☆


株式会社クロダシステムズ
Chroco Design - クロコデザイン -

神戸市西区北別府5丁目15-2
Tel 078-915-7574
contact@sik-systems.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――☆ミ

シェア

ブログ一覧に戻る

クロコグループ

contact

オフィスデザイン・設計・内装、ホームページ制作、ロゴ制作など

PAGE TOP